Gクリスタル

【登場作品】勇者王ガオガイガーFINAL


 Gストーンの原石とされる緑に輝く結晶体。
 Gクリスタルに蓄えられたジェネシックオーラは、三重連太陽系の再生を司るソール11遊星種に対して絶対的な性質を持っており、彼等の動力源がラウドGストーンである限り、遊星種はGクリスタルに対して決定的な攻撃を加える事ができない。

 またはその名称自体で、Gクリスタルで構成されたジェネシックガオガイガー専用の整備調整格納設備を差す。Gクリスタルはギャレオンや全てのジェネシックマシンの産まれた場所であり、各マシンへのエネルギー充填、およびプログラムの調整を行う事ができる。ただし、それが可能なのは、Gパワーを生まれ持つカインとその子ラティオのみである。

 機界昇華によって滅びた三重連太陽系に残された「カインの遺産」の一つだったが、パスキューマシンの暴走事故によって複製された月と衝突し、半ば埋没していた。

 機界新種との戦いののち、三重連太陽系を訪れたマモルはそこで遊星種と遭遇。ギャレオンに導かれるままにGクリスタルに入り、そこで真実を知った。マモルはその真実に従って遊星種との孤独な戦いを開始。地球における戦いで本来とは異なる使い方をされたギャレオンに、本来の使命、本来の役割を取り戻させる為にそのプログラムを修復する。

 三重連太陽系に複製された地球衛星軌道上の一連の戦いにおいて、傷ついたジェイアークから脱出したマモルとミコトはGクリスタルにおいて、対遊星種において最強の存在である、本来のギャレオンこと「ジェネシックギャレオン」の起動を急ぐ。しかし、ジェネシックギャレオンの覚醒寸前に生じるジェネシックオーラの消失に乗じた遊星種の攻撃によりGクリスタルは完全に破壊されてしまう。Gクリスタルは破壊されるも、内部に眠っていたギャレオンとジェネシックマシンの覚醒は成功。最強最後の勇者王「ジェネシックガオガイガー」が誕生する。

  • 最終更新:2012-10-11 11:09:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード