魔皇石

【登場作品】仮面ライダーキバ


 莫大な魔皇力を宿す魔石。ファンガイアの武装には、様々な部分に魔皇石が用いられている。2cmあれば巨大といわれている。
 キバは、宙、水、地の三つの魔皇石を右脚に持つ。

 キバの右脚に封印されている三つの魔皇石は、巨大な魔皇力の開放が危険ということで、通常時はその力をトライシルバニア銀の拘束具によって制限されている。

 三つの魔皇石は順に魔皇力を倍加させ、最終的には通常時の八倍以上となる。これにより通常時とは比較にならないほどの強烈なキック技「ダークネスムーンブレイク」が使用可能となる。増幅を三段階に分担しているのは、一気に増大したエネルギーでキバの消滅を防ぐための防護策である。

 エンペラーフォームとなり、封印を解かれた魔皇石は、身体の中央へと移動する。ファイナルウエイクアップしたキバの鎧の力で、三つの魔皇石に宿る巨大な魔皇力を意のままにコントロールすることが可能となる。
 魔皇石を身体の中央に位置させることによって、全身に増幅魔皇力の巨大な力を拡散させることができ、通常のキック力でも、ダークネスムーンブレイクを超える破壊力を生むことが可能となっている。

 キバ飛翔態には、飛翔態の飛行力を安定させ、さらに超高空へと舞い上がらせる補助浮力装置的なものとして、飛空魔皇石がある。

  • 最終更新:2013-05-26 20:04:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード