超硬スチール合金

【登場作品】機動戦士ガンダム


 一年戦争時のジオン系モビルスーツに用いられていた装甲材。
 出典の発表次期によっては、超高張力鋼とされていることがある。

 この表記は1985年の月刊ニュータイプ付録にあったMSカタログが初出で、それまで「馬力」と表現されていた一年戦争時のMSの「出力」に関する数値設定も「kw」という単位で再創作された。これらはシリーズ第2作『機動戦士Zガンダム』が長いブランクをおいて制作された為に、第1作の諸情報が失伝してしまっていたことによる(「ルナチタニウム」が「ガンダリウム合金」の前身、という後付け説明も同様の理由である)。
 その後2000年代以降、TVシリーズ以来のアニメの設定やHGUCキット(2003年発売)では超硬スチール合金という名称に再統一された。

 ガンダムシリーズは設定の変更が頻繁に行われるため、表記が名称が安定していないことが多い。

 超高張力鋼は現実に存在するもので、引っ張り強度や水圧に対する強度は高いものの、耐弾性の高い硬化処理が成された防弾鋼というわけではない。


  • 最終更新:2012-06-10 10:19:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード