疑似多合金

【登場作品】ターミネーター2


 2029年にスカイネットによって開発されたターミネーター「T-1000」の材質である液体金属。原文では、"mimetic poly-alloy"であり、直訳して「疑似多合金」と紹介されている。

 液体金属ではあるが、その硬度は完全な液状から刃物のような高い硬度を持つ固体状態まで変化することができる。

 T-1000は自分の体積と同じ物体であれば、様々なものに擬態できる能力を持つ。全身を平面にして床に擬態したり、手をナイフやかぎ爪状に変化させるといった運用を見せたが、複雑な機械には変身できない。
 人物をコピーする際には接触が必要だが、声帯まで完全に再現する。ただし、犬は何かしらの不自然さを感じるらしく、ジョンの愛犬であるマックスが激しく吠え立てるシーンがある。

 外部からの衝撃によりダメージを負ってもすぐに再生が可能で、物理的な攻撃により破壊するのはほぼ不可能。そのため、格闘戦では強力な打撃を得意とするT-800を苦戦させた。破壊するには、変形機構に異常が生じている間に修復不能なダメージを与えたり、高熱や化学変化でT-1000のボディそのものを完全に分解するなどするしかない。

 作中後半では、液体窒素による急激な凍結、ショットガンによる粉砕、解凍といった一連の急激な変化により、擬態機能が混乱するシーンが見られた。
 T-800との激闘の末、最後は溶鉱炉に転落。『ジョジョの奇妙な冒険』のカーズのように、泡状のプロテクターをまとって復活するかと思いきや、そのまま溶けて消滅した。

 『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』には、T-1000の発展型であるT-1001が登場しており、液体状態の活動が活発かつ高速化しているなどさらに能力が強化されている。

  • 最終更新:2012-11-18 21:33:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード