ルナチタニウム合金

【登場作品】機動戦士ガンダム


 ルナチタニウム合金は、宇宙世紀0064年に開発されたチタン、アルミニウム、希土類金属などから構成される合金。主にRX-78ガンダムの装甲材として用いられている。

 月(ルナ)で精製されるチタン(チタニウム)の合金であるところからその名が付いた。 月面上という特殊な重力下で精製することにより従来のチタン系合金に加え、様々な特性を有する。

 地球連邦軍のV作戦で開発されたモビルスーツ、RX-78ガンダム、RX-77ガンキャノン、RX-75ガンタンク、及びホワイトベース級強襲揚陸艦の装甲材に採用された。アステロイド基地ルナ2で採掘されるものが特に高純度であるとされる。
 RX-79陸戦型ガンダムも同様にルナチタニウム合金の装甲を持つ。RX-78では避弾経始を考慮した曲面装甲であったが、RX-79では生産性を重視した直線主体の装甲となっている。

 至近距離からのザクマシンガンでもびくともしない防御力の高さを見せたが、本来はシールドの表面に使用する様な高硬度素材であるためにコストの問題によりガンダムの量産型であるジムには従来型のチタン系合金が採用されている。
 堅牢ではあるが絶対的というわけではなく、ザクのヒートホークで盾を斬られる、グフのヒートロッドに足先を破壊されるなど、破損する場面も多々見られる。

 一年戦争におけるRX-78ガンダムの戦果が喧伝された結果、後の時代にはガンダリウム合金と呼ばれるようになっている。書籍によっては、「機動戦士ガンダム0083」のガンダム試作1号機などの装甲材質は、ガンダリウム合金と設定されているものもあり(サンライズのWebではルナ・チタニウムと表記されている)、いつ頃からガンダリウム合金の呼称が定着したのかは定かではない。

 ルナチタニウム合金はガンダリウムαとして、以降ガンダリウムβガンダリウムγと開発が進められていった。機動戦士Zガンダムの時代には、ガンダリウムγが主流となっている。

 機動新世紀ガンダムXにも同名の材質「ルナ・チタニウム合金」が登場するが、重量設定が大きく異なる。

 ガンダリウム合金(機動武闘伝Gガンダム)は、同様に月面で産出するチタンをベースとしたルナチタニウム系合金と設定されているが、ディマリウムの作用により、精神感応特性を持つなど、宇宙世紀のガンダリウム合金より遙かに特異な性質を持っている。

 書籍によって表記がまちまちで、「ルナチタニウム合金」と・(ナカグロ)がないのか、「ルナ・チタニウム合金」と・(ナカグロ)があるのが正しいのか、いまいち判然としない。「ルナ・チタニウム」表記が多いような気がするが、ここでは「ルナチタニウム合金」を宇宙世紀のものとして掲載しておく。ちなみに、「コン・バトラーV」は・(ナカグロ)を忘れると間違いとなるので注意。

  • 最終更新:2012-10-25 12:19:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード