ルシファーメタル

【登場作品】 仮面ライダーキバ


 仮面ライダーキバの鎧やフエッスルを構成する魔金属。ほかにも、ファンガイアの技術で作られた様々なものに用いられている。

 魔皇力を制御する上で必要な物質であるルシファーメタルで作られた鎧は、王の資格を持つ者しか纏う事ができない。元はファンガイア側の技術によって開発されたため、人間が装着すると鎧に宿る魔皇力に耐え切れず死に至る。

 サガの鎧やジャコーダ―にもルシファーメタルが用いられており、頭部から胸を守る襟状アーマー、バイパーカラーの内側には、パワー増幅のため、ルシファーゴールドが蒸着加工されている。

 キバエンペラーフォームでは、全身のルシファーメタルは開放された魔皇力の影響によって黄金に輝き、その防御力は通常の5倍へとアップする。
 金色に変化するが、材質はあくまでもルシファーメタルであり、ルシファーゴールドとは異なる。キバの鎧を形成するルシファーメタルは、装着者のもつ巨大な魔皇力が開放される事に反応し、変色する性質を持つ。開放されたキバの鎧の防御力はまさに鉄壁であり、核爆発の中心にその身をおいても傷ひとつつけられないほどに堅牢。

  • 最終更新:2012-10-23 12:42:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード