モエシニスキー粒子

【登場作品】非公認戦隊アキバレンジャー


 人間の脳の電位変化に反応して、イメージを実体化させる未知の素粒子。

 葉加瀬博世(はかせひろよ)の父、都築丈博(つづきたけひろ)博士がある実験中に未知の粒子が充満した平行世界を偶然発見した。

 その粒子をモエシニスキー粒子と名付けたのち、全ての研究資料と共に都築博士は姿を消した。にじよめ学園ズキューーン葵の最終回打ち上げパーティの際に、何人かの力を重ねることでヒーローの力を発揮するアイテム、モエモエズキューンが博世のもとに届けられた。


  • 最終更新:2012-07-04 03:17:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード