ミスリル(原典)


【登場作品】ホビットの冒険、指輪物語


ミスリル (mithril) の初出は、J・R・R・トールキンの作品世界中つ国に登場する金属である。
『指輪物語』の影響を受けて後に出てきたファンタジー小説や、『指輪物語』の強い影響下で生まれたD&Dをはじめ、ファイナルファンタジーシリーズ・ドラゴンクエストシリーズなどの日本のRPGに至るまでのさまざまなゲーム作品などにおいて、ミスリルの名を持つ金属が登場しており、貴重で有用な性質を備えている金属として扱われている事が多い。
このため日本に於いては、極めて知名度の高い(おそらくは最も有名な)空想金属と言えよう。
ミスリルの性能や立ち位置は作品により千差万別。近年ではオリハルコン等の下位に置かれたり、あまり希少性を感じられない作品も多い。

【原典におけるミスリルの特性】
銀の輝きと鋼をしのぐ強さを持ち、とても貴重なものとされる。『ホビットの冒険』でトーリン・オーケンシールドからビルボ・バギンズに贈られた、“白銀色のはがね”製のくさりかたびらは、実はミスリル製であった。
初期の英語版の翻訳である、日本語版『ホビットの冒険』にはこのような記載はないが、後の英語版ではミスリル製であることが付記されている。
『指輪物語』では、“ミスリルの産地はモリアのみ”、としているが、『終わらざりし物語』では、ヌーメノールでも産したとされる。
ミスリルの名は二つのシンダール語(架空の言語)の単語、「灰色の」を意味するミス(mith)と、「輝き」を意味するリル(ril)からなる。
クウェンヤ名はミスタリレ(mistarille)。またまことの銀(true-silver)、モリア銀とも呼ばれる。
ドワーフもかれらだけの秘密の名前をミスリルにつけていた。

ガンダルフの述べるところでは、ミスリルは、「銅のように打ち延ばせ、ガラスのように磨ける。銀のような美しさだが、黒ずみ曇ることがない。ドワーフはこれを鋼より強いが軽く鍛えることが出来た」とされる。
エルフもこれを好み、エレギオンのノルドールは、ミスリルからイシルディン(ithildin、「星月」の意)と呼ばれる物質をつくり、モリアの扉を飾る装飾を描いた。
イシルディンを用いて描かれたものは、星の光か月の光の下でしか見ることが出来ない。

『指輪物語』では、ビルボ・バギンズがフロド・バギンズに譲り渡した「ミスリルの胴着」などが出てくる。
これは『ホビットの冒険』でスマウグから得た宝の一部である。また、ガラドリエルの所有する三つの指輪の一つ、ネンヤもミスリルで作られている。

  • 最終更新:2013-07-23 19:14:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード