マシンセル

【登場作品】スーパーロボット大戦シリーズ


 ズフィルード・クリスタルをもとに開発された自律型金属細胞で、一種のナノマシン。第2のバンプレスト版「DG細胞」といえる(他はズフィルード・クリスタル、ラズムナニウムがある)。ゆえに、デビルガンダム三大理論と同じ「自己進化」「自己修復」「自己増殖」の機能を持つ。

 開発者のソフィア・ネート(OGシリーズではイーグレット・フェフが)は、地球環境の再生やアースクレイドルの長期間の維持に使おうとした。しかし、マシンセルは後にイーグレット・フェフの企みに利用されることになった。

 ズフィルード・クリスタルがベースになっていることもあり、その本質においてナノスキンDG細胞ゾンダーメタルにも通じるところがある。異星人の脅威を前にして種の保存に執着するあまり、ソフィア・ネートはその危険性をあまり深くは考慮しなかったようである。

 α外伝の世界では、爬虫人類に対して悪影響を及ぼす効果があり、恐竜帝国を地下に後退させた。後発の発展形技術として登場したナノマシンシステム「月光蝶」であれば、マシンセルの機能を無効化できる事がゲーム中で語られている。
 また、目的を達成したあとのマシンセルはのちに結晶化し、戦闘メカザブングルに登場した鉱石ブルーストーンになるというクロスオーバー設定がある。

 自己進化機能によって、わずかな期間でグルンガスト参式をスレードゲルミルに、量産型ヒュッケバインMk-IIをベルゲルミルに進化させている。また、人体に投与することで、生機融合体のように変化させることができ、イーグレット・フェフはブーステッド・チルドレンにマシンセルを投入することで『マシンナリー・チルドレン』を開発。応用として、マシンセルを投入することで半機械化したソフィア・ネートを『メイガス』に融合させ、人格を移植するなどの試みも行っている。

 スレードゲルミルやベルゲルミルはマシンセルの作用により自己修復機能を持ち、撃墜されても何度となく復活する。制御中枢のような部分が存在し、そこを破壊されるとマシンセルの機能が停止するという描写もある。

 マシンセルを注入された機体の複製を生み出すことも可能であり、フェフは機体やマシンナリーチルドレンを量産した。OGシリーズでフェフが「まだ増殖と寿命に難点がある」と発言していることから、機能的には未完成であり、デスアーミーを大量に発生させたDG細胞ほどの力はないようである。

  • 最終更新:2012-10-08 11:26:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード