ポジトロニューム合金

【登場作品】六神合体ゴッドマーズ


 ゴッドマーズの装甲材質。
 通常の金属に太陽の中心核に匹敵するほどの非常に高い圧力をかける事によって結合力が強化されポジトロニューム合金が精製されるという。
 実在のポジトロニウムは、電子と陽電子が互いに回り合って形作る水素より軽い擬似原子。

 ゴッドマーズは、明神タケル(マーズ)の脳波で操られるロボット・ガイヤーをコアとして、スフィンクスが胴体、ウラヌスが右腕、タイタンが左腕、シンが右脚、ラーが左脚を構成し、5体のロボットが「六神合体」した巨大ロボット。全宇宙の支配を狙うギシン星・ズール皇帝と戦った。身長50m体重1050t。

 タケルの父イデアによって開発されたゴッドマーズはもともとギシン星のメカであり、地球ではメンテナンスが困難である。そのため、自己修復能力も設けられている。
 戦闘時にはタケルの超能力によって表面にバリアが展開され、さらに装甲が強化されているという。

 ゴッドマーズはその複雑なデザインゆえに、動画ではたいへん動かしづらかった。戦闘は止め絵カットとエフェクトの組み合わせで演出され、ほとんど動かない。逆にそれが「攻撃を受けても動じない」と見え、ポジトロニューム合金の堅牢性を印象づけることになった。

  • 最終更新:2012-07-07 13:29:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード