ペダニウム

【登場作品】ウルトラギャラクシー大怪獣バトル


 ウルトラギャラクシー大怪獣バトル 第9話「ペンドラゴン浮上せず!」、第10話「予期せぬ再会」、第12話「レイブラッド」、第13話「惑星脱出」に登場した、キングジョーブラックの武装に用いられている物質。
 かつてセブンの攻撃をことごとく退けた初代キングジョーの装甲が、このペダニウムに関係したものかは不明。

 キングジョーブラックは、かつてペダン星人が地球に送り込んだキングジョーの強化タイプ。黒く塗られたステルス仕様のボディとなっている。右腕には「ペダニウムランチャー」という銃が装着されており、弾丸を乱射する攻撃を必殺技とする。

 第9話から分離形態で登場し、怪獣達の戦いに乱入。アングロス、グロマイト、サラマンドラ、ルナチクスなどを次々に葬り去る。第10話で合体した姿で登場。レイの主力怪獣3体(ゴモラ、リトラ(S)、エレキング)を纏めて圧倒するなど、驚異的な強さを見せつけた。

 その後惑星ボリスに接近するZAP SPACYの救援艦隊を殲滅し、レイとケイトの戦いに乱入してゼットンと交戦。ペダニウムランチャーを吸収した波状光線を簡単にはじき返すなど、互角の勝負を繰り広げていたところにEXゴモラの乱入を受け、尻尾による串刺し攻撃を受けて敗れる。それでも機能停止には陥っておらず、惑星ボリスから脱出しようとするペンドラゴンを襲撃したが、復活したウルトラマンの八つ裂き光輪で腕を切断されてウルトラマンと共に人工太陽の大爆発の中に消えた。

 劇中、何の目的で送り込まれたのかは明確には語られなかったが、ゲーム版のカードによれば「レイブラッド星人の後継者覚醒を阻止する為に送り込まれた」とされ、続編である『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』にて未来のペダン星人がレイオニクス抹殺のために送り込んだことが明かされた。


 後作品である『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』では、光弾を連射する「ペダニウムエアレイド」が。NEO第6弾よりペダニウムランチャーから特大の光弾を打ち込む「ハイパーペダニウムバスター」が登場している。

 『大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』に登場するキングジョースカーレットは、右腕がランス状の「ペダニウムランサー」になっている。

  • 最終更新:2012-07-28 12:21:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード