ヘルムート38

【登場作品】リーガル・ハイ


 第9話「恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ!!」および第10話「破産か5億か!?さらば誇り高き絆の里」で、公害病の原因と疑われた新物質。ヘルムート38は通称であり、正式名称は「クロロタスムハリオサプロピレン」という。

 絹美地区の米や地下水から検出され、地区を汚染する原因物質と疑われた。町村教授には、無機ヒ素化合物、いわゆる六価クロムなどと同じもので発癌性を持つと説明されたが、その後ヘルムート38の発見者である、ドイツの水質科学者ヘルムート・マイヤー博士によって、六価クロムとは違う物質であり、人間への影響は不明と証言された。

 ヘルムートの名称はある人名のパロディであるという。また、「クロロタスムハリオサプロピレン」の名称を逆から読むと、最終回のネタバレが隠されている。

 

  • 最終更新:2012-08-29 11:09:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード