バルナジウム鉱石

【登場作品】マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!


 バサラが訪れた辺境惑星の村で採掘されている鉱石。バサラは村人にこのバルナジウム鉱石を奪いに来たと誤解された。
 どのような用途に使用されるものかは、作中で語られることはなかった。


 マクロス7艦内で花に歌エネルギーが効くのかを実験している最中、どこからか熱気バサラたち以外の歌エネルギーを感知し、花が反応する。興味を持ったバサラは単独でファイアーバルキリーに乗り、発信源と見られる辺境惑星へ飛び出してゆく。

 訪れた辺境惑星の村でバサラは、感知した声を「呪いの声」として恐れる村人たちや、それが聞こえてくる雪山で父親を失ったという音楽好きの少年ペドロと出会う。バサラはペドロを連れて雪山へと向かい、そこに潜んでいたクァドラン・キルカのパイロットかつ「呪いの声」の主である巨人の女性・エミリアと歌合戦を繰り広げ、意気投合。

 その時、歌エネルギーのぶつかり合いを「異常スピリチア」として感知したプロトデビルンのゲペルニッチが差し向けたガビル、グラビル、ナッターバルゴの3体がバサラたちの前に現れ、禁断の技「三位合体」で「ガビグラゴ」と化して襲い掛かる。

 バサラとエミリアはファイアーバルキリーとクァドラン・キルカを介したデュエットで熱唱し、ガビグラゴの力に対抗するが、雪山での戦いが影響して麓の村へ洪水が迫る。戦いで損傷していたクァドラン・キルカごとエミリアが身を挺して村を救う一方、バサラを追って駆けつけたガムリン木崎とFIRE BOMBERのメンバーらの協力により、プロトデビルンは撃退された。

 助かっていたエミリアはミレーヌ・ジーナスにより、ミレーヌの姉の1人であることが判明する。ペドロの持っていた銀河コスモスの種がバサラとエミリアの歌エネルギーに反応して発芽したという喜びも重なり、バサラたちはエミリアを受け入れた村人たちに見送られ、辺境惑星から飛び立ってゆく。

  • 最終更新:2013-04-14 16:44:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード