トライシルバニア銀

【登場作品】仮面ライダーキバ


 仮面ライダーキバ右脚の拘束具「ヘルズゲート」の材質である封印の銀。キバの鎧やマシンキバ―の各所にコーディングとしても用いられている。

 地獄の門の異名をもつこの拘束具は、キバの闘争心のボルテージが頂点に達した時に開きはじめ、キバットの吹く禁断の笛「ウエイクアップフエッスル」の音と、キバットの「ウエイクアップ!」のコールよってカテナ(鎖)が解き放れ、全開放される。
 本来の色は銀色だが、ウェイクアップ時のヘルズゲート内側は、莫大な魔皇力で赤く変化している。

 キバのボディを守る補助鎧キングシングレットはルシファーメタルにトライシルバニア銀を表面にコーティングし、力の暴発の抑制を図っている。また、魔皇力の暴発を抑制する拘束具の機能も兼ねる。ブレスレットにも同様のコーティングが施されている。

  • 最終更新:2012-10-06 21:09:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード