ティベリウム

【登場作品】コマンド&コンカー


 宇宙から飛来したといわれる自己複製能力を持つ希少鉱石。

 コマンド&コンカーは、リアルタイムストラテジーというジャンルを築いたゲームシリーズ。作品世界では、人間にとっては有害ながら資源として有用な「ティベリウム」の独占をめぐって長い乱世の時代に突入した近未来の世界を舞台としている。

 国際組織としてティベリウム駆逐を目指すGDI(Global Defense Initiative)と、ティベリウムを使った独自の技術を発展させたカルト教団NOD(Brotherhood of Nod)の終わりなき攻防を描いている。


 ゲームの流れとしては、フィールドに生えている緑色クリスタル状のティベリウムを、専用の収集車で集めて資金をつくり、それを元手に基地施設と軍隊を整備して、敵の基地へ攻撃をかける。

 ティベリウムには金属を腐食させる力があるため、弾丸として使用する場合、コーティングが必要であり、そのため銃器の小型化に難があった。

 外伝を含めて、多くのシリーズがリリースされており、シリーズによってはティベリウムが植物のように広がって地表を覆い尽くし、砂漠やジャングルなど赤道付近の幅広い地域が「レッドゾーン」と呼ばれる人間の住めない環境になってしまった状況や、宇宙ステーションの撃墜から、液状ティベリウムをめぐる「第3次ティベリウム戦争」に発展したうえ、ティベリウムを狙うエイリアンも登場し、世界情勢はさらに混迷を極めていく。

  • 最終更新:2012-11-08 13:38:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード