スーパーセラミック

【登場作品】機動刑事ジバン


 第24話「ようこそ!! 大霊界へ」でスポットを浴びたジバンの材質。人工関節として清志郎の脚を治療する医療目的にも使われた。レゾン、バイカン、スパイラスもスーパーセラミックのボディを持つ。他にジバンの材質として挙げられているものに、ジバンファイバーがある。部位によって使い分けられていると考えられる。

 マッドガルボ曰く、ジバンのボディはスーパーセラミックという新素材で作られている。ピストルやマシンガンの弾丸、バズーカ砲をも軽く弾く強力なボディで、体内メカも衝撃に強い。そのパワーは重さ1トンの鉄球を軽く弾き返し、パンチ力は厚さ35センチのコンクリート壁を一撃で破壊する。体は重いが、20メートルのジャンプ力とサラブレッドに匹敵するスピードの総合力を持っている。ジバンエンドを炸裂させるタイムは0.5秒。ダイナマイト5本分の破壊力。

 捜査課長代理の村松清志郎は、バイオロンとの戦いで膝を撃たれたうえに鉄骨の下敷きになり脚を負傷してしまう。ジバンはレゾンで清志郎を秘密基地に搬送。
 戻ってきた清志郎の膝を見ると、きれいに治療されていた。洋子や美智代が調べたが、清志郎はどこの病院へも入院していなかった。本人曰く、右脚を撃たれ気を失ったが、気が付いたときはマンションの自宅にいたという。このことから、清志郎はなぜか自分が機動刑事ジバンとカン違いする。

 このやりとりは、ドクター・ギバの側近であるマーシャとカーシャに聞かれていた。バイオロンに拉致され、検査される清志郎。ここで、清志郎の折れた脚の骨を接合しているのが、ジバンに使われているスーパーセラミックであることが明らかになる。

 ジバンの基地の秘密を聞き出すため、脅しをかけられる清志郎。そこに、スーパーセラミックの反応を辿ってやってきたジバンが助けに入り、ジサツノイドを撃破する。迎えに来た直人に、清志郎は言った。
「直人、君も少しは機動刑事ジバンを見習ったらどうだね?」

  • 最終更新:2012-10-24 14:44:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード