サイコフレーム

【登場作品】機動戦士ガンダム 逆襲のシャア


 サイコミュの基礎機能を持つコンピューター・チップを、金属粒子レベルで鋳込んだモビルスーツ用の構造部材。

 チップ単体では実効的な効果を持たないが、コアとなる高出力のメイン・プロセッサを配置することで、非常に高効率かつ高密度なサイコミュ・システムとして機能する。本来であれば膨大な搭載スペースを必要とするサイコミュであるが、この素材の導入によって装置の大幅な小型化が可能となり、省スペース化にも貢献している。コクピット周辺や機体各所に分散配置することにより、サイコミュ及び機体自体のレスポンスを飛躍的に向上させ、ニュータイプ能力をMS操縦という面で最大限発揮することができる。
 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」冒頭では、チェーン=アギが、「コクピットまわりの重量が3Kg軽くなった原因は何なんです?」と訊ねるシーンがあった。

 もともと新生ネオ・ジオンにおいて開発された技術(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア BEYOND THE TIME』によると開発者はナナイ・ミゲル)であり、当初はジオン系勢力との関連が深いアナハイム・エレクトロニクス(A・E)グラナダ工場のみがその生成技術を有していた。しかし、地球連邦軍の新型MS開発を手掛けるA・Eフォン・ブラウン工場に対して、新生ネオ・ジオンの総帥であるシャア・アズナブルによって、意図的にリークされている。これは、シャアがアムロとの決着を望み、「情けないモビルスーツと戦って勝つ意味があるのか?」と考えたためである。

 逆襲のシャア以降は、フルサイコフレームなどが研究されたものの「未知の領域が多大」であり、多様な可能性がある反面、悪用された際の危険性が高すぎたため開発を中止された。

 サイコフレームは人々の意思を集めて共鳴現象を起こすことにより、緑色に発光する正体不明の謎の力場を生み出す。これは電気や光とは異なる全く未知のエネルギーであり、物理が物理に働きかけて生じる弱々しいエネルギーなど比較にならない、既存のあらゆるエネルギーとは全く別次元の莫大なエネルギーである。「アクシズ・ショック」の際に初めてこの現象が確認され、その後もサイコフレーム搭載機によりたびたび確認されている。予めこのような作用を想定して開発されたシステムではなく、地球圏に生きる人々の多くの思惟が共鳴し、偶発的に発生する現象である。
 詳細なメカニズムは明らかになっておらず、「ガンダムUC」では赤や青色の発光現象も確認されている。

 サイコフレームの登場によって、以降「金属粒子レベルで~を埋め込んだ素材」という設定がSFにおいてしばしば見られるようになった。

 人の意思を集める素材という点で、「伝説巨神イデオン」のイデオナイトとの類似性が高い。2010年夏のサンライズフェスティバル、富野由悠季と福井晴敏によるトークショーにおいて「サイコフレームって、あれじゃないですか。言ってみればイデオンと同じ原理みたいな感じでしょ」という福井の発言があり、みんなが薄々思っていたことをバッサリ指摘してのけた。

  • 最終更新:2012-06-24 14:47:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード