クエント素子

【登場作品】装甲騎兵ボトムズ


 レーダーや高感度センサーシステム、ニュートリノ発生機の部品に使われる希少物質。クエント素子を用いたパーツは高い性能を発揮する。

 クエント星の地下では、太古の昔よりその自動製造プラントが稼動し続けており、これを採取するクエント人の女性だけがそこへの立ち入りを許可されていた。これも超古代文明の産物であり、傭兵と共にクエントの重要輸出産業となっていた。クエント星崩壊後はより入手が困難となっている。

 第二次スーパーロボット大戦Zでは、「クエント製センサー」という強化パーツが登場しており、「照準値+20」の効果がある。

  • 最終更新:2012-10-28 00:07:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード