ウルトニウム(ウルトラマンダイナ)

【登場作品】ウルトラマンダイナ

 
 第28話「猿人の森」に登場したエネルギー鉱石。世界のエネルギーを100年間は維持すると言われる。
 ダイナの世界は、ウルトラマンからメビウスまでのシリーズとは別の世界ではあるが、『ウルトラセブン』に登場した「ウルトニウム(ウルトラセブン)」と同名の物質が登場している。セブンのウルトニウムは地球の核を構成する物質だったが、こちらはエネルギー鉱石となっている。

 西アジアのエネルギー開発チームから、巨大な猿人の足跡が発見されたとの報告を受け、調査に向かうスーパーGUTS。猿人アウストラルピテクスギガンテスから吹雪状のブレスを受けてアスカは墜落してしまう。アスカの前に二匹の猿人が出現するが、片方の小型猿人がアスカを助け、送り届けてくれる。

 このことから、開発エリアと保護地区を分けるプランが提出されるが、ウルトニウムエネルギー特別開発施設にアウストラルピテクスギガンテスが出現して暴れ回る。開発チームのチーフが猿人を捕獲したためだった。小型猿人が開放されて一件落着と思いきや、大型猿人は突如暴れ出す。

 アスカはダイナに変身し、猿人を食い止める。大型の個体は雄であり、雌の猿人にプロポーズのために暴れ回っていることがわかる。ダイナはわざと負けることによって雄のアピールを助け、仲良くなった二匹は山に帰っていった。

 「いつの時代も男は女に振り回されてしまうもんだ」

  • 最終更新:2012-08-03 15:02:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード