アンドロミン

【登場作品】新造人間キャシャーン


 第6話「疾風フレンダー」に登場した物質。

 最も強いアンドロイドとなり支配力を強めようとするブライキングボスが、東博士の次に有名な(と自分で信じている)ロボット工学の権威、ゲータ博士にアンドロミン補給機を作らせた。
 ゲータ博士は、人間が強くなるためにはビタミンが必要であり、(それと同様に)アンドロイドがアンドロミン補給機を続けて使えば必ず強くなると説明した。
 アンドロミン補給機の開発には莫大な資金が投入されている。完成を感謝した握手と見せかけて、ブライキングボスはゲータ博士を電撃で殺害してしまった。

 口にくわえたチューブからアンドロミンを摂取したブライキングボスは、パンチで床と天井に固定されたサンドバッグを引きちぎり、屋外に吹き飛ばすほどにパワーアップした。キャシャーンとの戦闘中にもアンドロミンを摂取したことから、ゲータ博士の言うとおり、パワーアップの効果は永続しないようである。

 アンドロミン補給機の詳細な説明をする前にゲータ博士は殺害され、補給機自体もフレンダーの火炎放射で破壊されてしまったので、アンドロミンが具体的にどういった物質(エネルギー?)なのかは謎のまま物語が終わる。

  • 最終更新:2012-11-06 17:56:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード