アマダム

【登場作品】仮面ライダークウガ


 クウガの変身ベルト「アークル」に内蔵された霊石。クウガの支援メカであるゴウラムにも同じくアマダムが組み込まれている。未確認生命体(グロンギ)腹部にもアマダムと同質の物体が埋め込まれている。

 変身していない状態ではアマダムは雄介の体内にあり、MRIの検査によるとアマダムから全身に伸びていった神経状の物体が体組織と融合している。その神経組織のような物から命令が発せられることで、急激に身体を分子・原子レベルで変化させ、人間では有り得ないほど筋肉組織が強化され、神経も発達する。
 また、アマダムによって、雄介は度々見たことのないものを映像として知覚することになり、これによってゴウラムやアルティメットフォームの姿などを見ている。

 その後、グロンギの血液検査や死体解剖の結果、彼らは人間とほとんど同じ種族であり、その驚異的な能力や変身の元となっている霊石や神経組織の面でも、グロンギとクウガは全く同じであることが判明した。

 アマダムには装着者の負傷を短時間で回復させ、命に関わるほどの重傷を負った場合は装着者を仮死状態にして癒す機能がある。九郎ヶ岳遺跡に埋葬されていた超古代の戦士は、この力でダグバ復活の時まで生存していたことが判明している。しかし「心清く体健やかなるものこれを身につけよ さらば戦士クウガとならん ひとたび身につければ 永遠に汝とともにありてその力となるべし」とアークルに記されており、一度装着すれば二度と取り外すことは出来ない。

 「金色の力」が覚醒した際には、アマダムから脳に及んだ神経系の増殖・筋肉の活動電流の増加など、強くなる度に装着者の身体をアマダムが侵食し、最終的には「戦うためだけの生物兵器」へと変貌させる危険性がある。

 

  • 最終更新:2012-10-23 14:12:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード